TOEICの点数

皆様ご存知だと思いますが、TOEICの点数としゃべる、という点では全くリンク致しません。TOEIC900点を取っていても話せるか、というと異なります。。

でも、900点取る、ということはリスニングはできている、ということですので、その点は自信をもっていいと思います。
足りないのは話すのに必要な英語脳が足りないだけです。瞬時に文章を構成して、正しい発音・リズムで話す、ということだけ。あとは度胸で話せるかどうか、という点ですね。

TOEIC用の勉強を否定はしませんが、話せるように学習していく過程でTOEICの点がたまたま出ている、というほうが結果的に使える英語になると思いませんか?
TOEICができるようになってから話せるようになるステップを踏むよりよっぽど早いというのが筆者の意見でございます。

個人的にテストのための勉強が苦手だったので、尚更TOEICのための勉強は苦手なんですよね。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です