塵も積もれば山となる

英語が学習は本当に地味な作業ですよね。

本当に実力が伸びているのか?と疑うシーン、あるはずです。
そういう時にお勧めは「記録をつける」ということです。

一日一日何をやったかを記録に残すことで、振り返りをした際に、
「ああ、これだけやったのか!」と自信を持てます。
やり続けることに必要なのは兎に角、モチベーションの維持、自己肯定感の維持です。
その際にとても役に立ちます。


私個人は今リーディングのスキル向上のため[Trillion Dollar Coach: The Leadership Handbook of Silicon Valley’s Bill Campbell]を読んでいます。
スラッシュリーディングをすることで、単語はわからないものの、構文で戸惑うことなく毎日5ページは進めています。
1週間振り返ると数十ページ進んでいました。
ちょっとした満足感を感じた瞬間でした。

単語帳もそうです。ああ、ここまでできていたんだ!と思える瞬間が記録をつけることで感じることができるはずです。
この瞬間が味わえると自己肯定感、感じませんか?

学習したら、是非何かしら記録をつけるようにしてみてください。
そして週一、月一に振り返ってみてください。
やっていることは無駄ではない、と感じることができるはずです。

学習、頑張りましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です