アウトプット


以下本を読み納得しました。
https://www.amazon.co.jp/%E5%AD%A6%E3%81%B3%E3%82%92%E7%B5%90%E6%9E%9C%E3%81%AB%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%97%E3%83%83%E3%83%88%E5%A4%A7%E5%85%A8-Sanctuary-books-%E6%A8%BA%E6%B2%A2%E7%B4%AB%E8%8B%91/dp/4801400558/ref=asc_df_4801400558/?tag=jpgo-22&linkCode=df0&hvadid=296023755794&hvpos=1o1&hvnetw=g&hvrand=6045753324292395666&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1028850&hvtargid=pla-550147755994&psc=1&th=1&psc=1

英語も同じでアウトプットをするとき、はじめて脳みそが動きます。
あくまで話す、書く、ということをしないと本当の英語力は身につきません。

ただし、いきなりアウトプットをしても、結局インプットがないので、たいしたアウトプットが出ないのも事実です。

なので、シャドーウィングについても声を出すことが重要ですし、ある程度勉強が進んだ時にはしゃべる機会や書く機会を増やしたほうが学習は進みます。