外資系の英語事情

営業チーム10人いて、TOEIC 700点以上が帰国子女含めて3人。
これが実態です。。。
確かに、海外から外人がきてトレーニングをしたり、
説明する機会はあるものの、発言する人は限られていたりします。

現在数社目ですが過去もこんな感じです。
外資系だからと言って、決して全ての人が英語をできるわけではないのが今の日本です。

ただし、風潮は少し変わってきました。
昇進、海外出張にいける規定として700点以上、800点以上、等々
クリアすべきハードルが課されるようになってきています。

なので、毎年のMBOにTOEIC何点以上!と設定したり、
無理やり会社から設定された英語研修を受けさせられたりと
仕事以外にも英語を強制的に勉強させられてたりします。



間違った方法で・・・
例えばいきなり外人の社員が先生になったり、
ベルリッツから人を派遣してもらって英会話のレッスンをしたり。
アプローチ方にも書きましたが、いきなり英会話をやっても
決して英語のレベルは上がりません。



思い立ったら吉日です。
学生時代からでも正しいアプローチで学習をしておいた方が
できないよりは、やはりできた方が良いです。
圧倒的に。