アメリカの働き方

本日アメリカ人の同僚とランチをした際にアメリカの働き方を聞いてみました。
ちなみにサンフランシスコ在住時の話です。

基本的には無茶苦茶早く出社して、無茶苦茶早く帰社するか、
無茶苦茶遅く出社して、無茶苦茶遅く帰社するか、
のどちらかだそうです。

彼らの出勤は基本車らしいので、交通渋滞がすごいそうです。
渋滞にハマるのが一番時間を無駄にする、ということで上記のスタイルになるそうです。

日本の満員電車も同じですよね。
彼曰く、なぜ日本人は9時から5時、と決められた時間に仕事をするんだ?
車内で打合せもないのになぜ出社するのか?
とのこと。

その通りだよね~と、働き方改革を謳う日本で働き方について話しました。筆者も満員電車が嫌いなので、基本時間には出社しません。
なので、9時から打合せを入れられると機嫌が悪くなるか、電話会議で入るようにしています。
だって、空いてる電車に乗りたいじゃないですか。

ちなみに、海外で日本人が働けるのか?と聞いたら、その同僚曰く、
日本人は勤勉と思われているから英語が話せれば仕事なんていろいろあるよ!とのことでした。
(ほんとか?)