コーチングについて

ティーチングやコンサルティングとは異なり、コーチングは相手がかんがえ、行動を促すことを助けることです。
現状と理想のギャップをどう埋めるか、ノウハウを教えるのがティーチングやコンサルティングですが、そのギャップをどう埋めるのかを自分で決めてもらうためにサポートします。


英語学習を継続するモチベーションの維持や、課題解決の方法を私が教えるのではなく、自分の中から引き出すお手伝いをするイメージです。
勿論その過程で、ノウハウ的なものはティーチング・コンサルティングしますが、最後は自分で決めて、行動をしなければ意味がありません。


そのため、理想としては『自分で考えて、自分で決める』ということが理想です。


そういう考え方を引き出せるようにコーチングとしてのスキルを日々磨きたいと思う日々です。
先日も書きましたが私もコーチングを受けており、コーチャーから言われる一言で気付かされる、自分の意思決定が確固たるものになった経験が忘れられません。そういう言葉を発せられるかが、コーチングスキルなのかな、と感じています。


個別の英語学習のノウハウに関しては世の中に諸所手法が出ており、明さまが既にご存じの手法も多いですし、その手法自体も有効だと思います。
ただ、継続する、ということが一番難しく、どう解決するかの一つとしてコーチングを提案したいと思っています。

中にはセルフコーチングが完璧にできる人もいるので、そういう方は本サービスは不要かなとも思います。私のように意思が弱い方は是非検討ください(笑)

この習慣が身につけば、英語学習だけでなく、他の人生においての課題や方向性においてもお役に立てると思います。