TOEIC テスト対策 ~当日編~

先日TOEICのテストを受けてきました。自分の実力確認のためです。

テストの内容が変わったのは皆さんご存じだと思いますが、難しい問題と簡単な問題の差が激しくなったな~という印象です。
ご存知のように私の弱点は単語。今回もリスニング、リーディングともに課題点が出てしまい満点には程遠いと感じました。。通勤時間を利用した単語記憶術を強化しようと思った次第です。


さて、何度も受けている人はご存知かもしれませんが、TOEICにはコツがあります。それを共有しようと思います。


〇リスニング編
・とにかく最初の一言を聞き逃さない。
 クローズ質問、オープン質問、ともに最初に5W1Hの何が出てくるか、で回答がおのずと決まってきます。逃さないようにしましょう。

・次の質問と回答枠を読んでおく
私も昔は文章を聞いてから、質問を聞いて、答えを選択して、マークシートに記載して、次の問題に取り組んでいました。
でも、途中からアップアップしてくることが私はよくありました。。。

そこで、一つのテクニックを身に着けました。
中盤から後半にかけては、質問や文章を確認しておく必要があります。
最初に章の説明をしている間に次の問題の質問と回答枠を見ておきましょう。
内容を想像したり、文章を聞く際にもどの選択肢を選べばよいか予測できるため各段に聞きやすくなります。
このテクニックを活用できるようになると結構点数が上がってくるはずです。

・わからなくなったら、一問捨ててみる。
心が乱れ始めると集中力が落ちて、聞き逃すことが多くなり、更に焦る、という悪循環になります。次の質問が読めていないぐらい追い込まれたら、1問ぐらい捨ててしまいましょう。
重要なのは落ち着くこと。深呼吸を忘れずに。

リスニングは上記3つのテクニックを使うと落ち着いて意外とできます。
できない場合は、音が拾えてないか、単語がわからないか、文法処理が遅いか、何かが悪いと思ってください。
次回のテストまでに一つでも改善できるように頑張りましょう。
 
〇リーディング編
・文法問題は全文を読まない
序盤は文法が中心。文章を読まなくても、実は解けます。。
 枠には形容詞しか入らない、名刺しか入らない、etc ということは選択肢はこれ一つしかない!という感じです。

・質問と選択肢を読んでから本文を読む
 リスニングと同じですが、いきなり本文から読み、質問と回答を確認すると何度も本文を読む必要性が出てきます。
これだけと時間内に終わらない可能性大です。
私は昔必ず二つぐらい本文が読めず、適当にマークシート埋めていました。。。
まずは質問と回答を読んで、本文のジャンルや内容を予測した上で読んでいきましょう。
回答に必要な、登場人物や固有名詞も予め見てから本文を読むと、頭に入ってきやすいですよ。


以上、先日リーディングとリスニングのテストを受けてきたのでテクニックを少し共有してみました。
やはりテストを受けると気が引き締まりますね。
モチベーションの維持には有効な方法だと実感しました。
TOEIC対策せずに、どこまで点を取れるのかいろいろと試したいと思います!

今日も学習頑張りましょう!