英文法の鬼100 (アスカカルチャー) 〜レビュー〜

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
あなたの年末は如何でしたでしょうか?
私は家族サービスに従事しブログ更新ができておりませんでした。
ただ、今年を駆け抜けるために家族貯金ができました。
勉強含めて今日からまた頑張りたいと思います。


年末の宿題として課していた本はきちんと読めたのでフィードバックさせていただきます。


表題の著書ですが、名前につられてAmazonで購入しました。
中身はれっきとした文法書です。
文法を教えてくれる中で 例えばロイヤル英文法等にない ポイントポイントを分かり易く教えてもらえるものになります。

参考書のように持っておく、というよりもこれから文法を一からやり直したい、見直したい、という方向けの良書だと思います。

難点は問題が出題されないので、自分がどこまで理解しているか確認する方法がない点です。
読んだ後に何かの問題集を試すのもよいのかな、と思います。


文法はスラッシュリーディングを行うためにも必須のスキルです。
というか文法がわからないと大人の我々には結局最後は何もわかりません。
理屈・原理原則がわかりませんから。

逃げずにどの構文が苦手かを洗い出して、本書のような文法書を見ながらでも理解を深めていきましょう。

それでは、今年もよろしくお願いいたします!

英文法の鬼100則 (アスカカルチャー) 

ロイヤル英文法