英語でのプレゼン

先日お客様向けに久しぶりに全て英語でのプレゼンをしてきました。
なんてことはない会社概要と製品紹介です。


すいません。たかを括っていました。
久しぶりにフルで資料説明するとのなると、いつもは日本語脳で説明していた内容を
すぐさま英語脳に変換することができず、説明が詰まる詰まる。
もしくはもっとコンパクトに説明できるはずなのに、ダラダラと説明してしまう等、
反省ばかりのプレゼンでした。


先日ご紹介した同僚も通訳なら通訳、と決めて望まないと、日本語の説明と英語の説明を同打ち合わせの中で実施すると、今どちらの言語で話すんだっけ?となってしまうそうです。


ようは英語脳でその打ち合わせにのぞみ切れていなかった、ということです。
最初から英語でプレゼンすると分かっているのであれば、英語を用いて、日本語で普段話している内容を練習しておく必要があったのです。
何故って、当たり前ですが、日本語と英語は違う言語です。
英語で練習しておかないと、当然英語でプレゼンはできません。


中途半端に日本語で普段紹介している内容を英語に変換して
通訳しようと思うと大変なことになる、という経験でした。