文法対策としてのTOEIC本

自らの文法能力に疑問を持ったため、以下の問題集に取り組んでいます。

https://www.amazon.co.jp/TOEIC-R%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88-%E6%96%87%E6%B3%95%E5%95%8F%E9%A1%8C-%E3%81%A7%E3%82%8B1000%E5%95%8F-%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AF%E5%87%BA%E7%89%88-ebook/dp/B074JYVYMD



ここまで問題数が多いと毎日コツコツやるしかないのですが、出てきますね。



自分のボロが。



文法書を読んだだけだとその場でわかった気になって、実際に使う場面でアウトプットが出てきません。
現に問題に出くわしたときにできていません。
分かった気になっていることが多いというのが痛感できます。


それを予防するためにも実際に問題がある参考書をベースに勉強を進めた方が身になります。
いくつかご紹介した文法書がありますが、あくまで補足的に、参考書として使うことをお勧めします。
まずは問題を解いてみて、どれだけ自分ができないのか、どこが分かっていないのかを把握した上で
細かくわからない点を詰めていきましょう。

問題は大きいままだと解決できませんが、細かく砕いて、一つ一つ解決していけば
最終的に解決できます。
何事もそうですよね。

あとはやるのみ。頑張りましょう!