英語も使わないと出てこなくなる。でも・・・

何でもそうかもしれませんが、使わないとスキルは錆びます。
久しぶりにピアノを弾く、久しぶりにサッカーをする、久しぶりに勉強してみる、

久しぶりだと、前見たいにうまくできませんよね?

英語もご多忙に漏れず同じです。

あんなに勉強したのに、単語が出てこない。
あんなに練習したのに、フレーズが出てこない。

外国人と言葉が通じない男性のイラスト(英会話)



しょうがないですよね。だって使っていないから。
短期集中で覚えたとしても継続していないと結局使えなくなってしまうものです。




でも、ご安心を。




英語脳が一度できてしまうと、単語は忘れるかもしれませんが、聞き取ることはできます。
そうすると復旧するのに時間は余りかかりません!

帰国子女のイラスト(男性)



重要なのは英語脳を作ってから回りの知識を増やすことです。
学校の勉強で英語が身につかないのはそこです。
英語脳を作らないのに、ひたすら周りの知識だけ詰め込もうとするので、
結局テストが終わると忘れてしまって元通り。
そして苦手意識が生まれる悪循環。。。


真っ先に身につけるべきは「英語脳」です。

頭の体操のイラスト



では、維持するのにはどうすればよいか?お薦めはやはりしゃべること、と英語で日記を書くこと。
アウトプットする機会を作ることです。

英語日記はコツコツ続けられる人におすすめです。
しゃべるのが好きな人はオンライン英会話がやはりお薦めです。
以下のサイトのように違いを比較してくれている人がいるので自分に合ったサービスを選ぶとよいと思います。
オンライン英会話は半分フリートークのようなものなので、
自分で決めたテーマについて話をしてみる、というスタンスで臨むと、話せない単語、フレーズが出てくるので、
そこで出てこなかった単語・フレーズをメモしておいて、覚える、という方法が良いと思います。


https://englishhub.jp/online/best-matome


くれぐれもいきなりオンライン英会話をやるのは辞めておいた方がよいですよ。
あくまで、レベルを維持する目的でやった方がお勧めです。
英語脳を作ることから始めましょう!