英語学習はシャドーウィングから

TOEIC、TOEFLの点数を伸ばしたい人は少し異なるかもしれません。
英語が話せるようになりたい!!と思った人は、とにかくシャドーウィングから始めましょう。

アメリカのトークショーのイラスト




英語学習ステップでも記載していますが、英語脳ができないと本当に文章が出てこないですし、聞き取れないです。
そして、教材も一つのものを徹底して、繰り返し行うことをお勧めします。
私は「K/Hシステム」というシャドーウィングの本を徹底して数か月以上やってました。
1文1文細かく解説があり、音とリズムについても細かく解説があったので、本を読むだけで本当のシャドーウィングができたからです。
他にも教材があるかもしれませんが、とにかく一つの教材で、音とリズムと意味をつなぎ合わせる練習をしましょう。

教材としてNetFlixやHulu等のドラマや映画を使いたい人は、1話や1本を繰り返し見て、セリフを覚えるぐらいまで聞き込みましょう。

メトロノームのイラスト



ポイントはとにかく声に出すこと!アウトプットすること、です!


英語も他の学習と同じでアウトプットしたほうが効率がいいです。
聞いているだけで、、という学習方法もよいかとは思いますが、アウトプットしたほうが脳にもよく効率があがります。
アウトプットできないことはインプットできていないから、です。

あれ?話せないな?
あれ?なんで話せないんだろう?

この疑問が大切です。
単語がわからなかった?
意味が処理できなかった?
発音ができなかった?舌が回らなかった?
単語のつなぎ目がわからなかった?

なぜできなかったのか因数分解してみてください。
見つかった課題を細かくつぶしてみてください。
次回はアウトプット・しゃべれるようになってください。

基本はこれをひたすら繰り返しです。


色々な教材に手を出してみてみてください。気が遠くなりますよ。。。

1点集中でまずは英語脳を作りましょう。1教材に集中です。
終わるころには少し英語脳ができているはずです。