振り返りの重要性

昨日は自分のコーチングセッションでした。
だいたい2週間に一回セッションをお願いしています。

皆さんは振り返りってしますか?
一日の最後に今日はどうだったかな?

1週間前と比べてどうかな?1か月前は?
3ヵ月前は?半年前は?1年前は?3年前は?

コーチングでは前回のセッションとの間の
振り返りをします。

振り返ることで、何をやろうとして、何ができたのか、
前向きに振り返ることができます。

振り返ることで、新たな気づきや、やりたいことを
見つけることができます。

ポイントは「やるべきこと」ではなくて「やりたいこと」
という点です。

Mountain, Top, Adventure, Hiking, Travel


継続するポイント

何かを続けるとき、どうしても他人のやり方を
まねたり、アドバイスをもらいますよね?

そして、「やらなきゃ!」となります。
ここが落とし穴です。

やらなきゃ!は「やらされてる」のと同義です。
主体性がないんです。実は。

あくまで他人がいいよ、と言っているだけで、
やったほうがいいんだろうな、と思っている状態。

それが「やらなきゃ」の正体です。
どうですか?

人間、主体性を発揮しているときは
「やりたい!」ですよね?

この、「やりたい!」という状態でないと、
継続することって難しくないですか?

一時であればいいんです。
やなきゃ!のパワーを使えば。

仕事の締め切り、宿題、等々。
確かにやなきゃいけないことが多いです。

でも、それがずっと続くとどうでしょう?
やーめた、になったことありませんか?

でも、そんな中でもやりたい、と思った、
仕事や宿題はすぐにやりませんか?

学習継続のポイントは「継続性」です。
そのため、「やりたい」が大事なんです。

Writing, Pen, Man, Ink, Paper, Pencils

コーチングの効果

話を戻すと、コーチングの効果です。
コーチングはこの「やりたい」を引き出します。

色々とアウトプットして、フィードバックをもらって、
最終的に「やりたいこと」をまとめます。

たまに、やったほうがいいですよ、と余計なことを
言われることがあります。

でも、対外そういうアドバイスをもらっても
数週間後まで継続してはやりません。

あくまでセッションを通じて、やりたい、と思ったこと。
これをやることが重要です。

自分の口から、これをやりたい、と言うことが大事です。
「やりたいこと」をまとめると、やります。

やらされること、はやりません。
どうでしょう?

大事なことはやり続けることです。
多少遠回りをしてもいいと思います。

あくまで教える側は方法を提案するだけです。
その中から、自分がやりたい!と思ったこと。

これをやってみてください。
やってみて、あれ?と思ったら、また次です。

やるべきことではなくて、やりたいこと、を
まとめてたまに振り返ってみてください。

今やりたいことが整理できて、また次の行動に
つながると思います。

他人にやらされるのではなくて、自分でやりましょう。
ネタは提供していきます!

Banner, Header, Hand, Thumb, Like, High