文法をマスターするためにまずやること

お勧めしている学習方法は何度もご紹介していますが、
まずは「シャドーウィング」をすることです。

一つの教材にしぼって、完全に音とリズム、意味を掴むまで
繰返し行います。

でも、意味を掴む、というところで一つ必要なスキルがあります。
それは、「英文法基礎」です。
「基礎」であって「応用」「完璧」ではないですよ。

単語は調べれば良いのですが、文法自体の基礎がないと
やはり英文自体、理解できませんよね?

ご安心ください。

日本人の皆様は学生時代に全く英語の授業をサボっていた、という人以外は
原則、中・高校時代に英文法を学習しています。
当然、忘れている、自信がない、はあると思いますので、
その復習をする必要はありますよね。

そのやり方についてご紹介したいと思います。

やりがちな失敗

私の経験から幾つかやりがちな失敗をご紹介いたします。

英語学校に行く

私は海外に2か月ほど短期留学をしたことがあり、そこでも英語学校に行っていました。
日本でも英会話学校ではなく英語学校に通ったこともあります。

それなりに良い経験をさせていただきましたが、文法面という意味では、正直失敗でした。

確かに教科書を貰って、学習をするのですが、進め方は
所謂中学校・高校で習うようなやり方を日本語ではなく、英語で教わる、ということなんですよね。また、カリキュラムがあるため、既にしっていることを繰返しやられたりするので、少し飽きてしまったり、退屈だったり。。。

「文法の復習」を目的するならば、すこし時間とコストをかけ過ぎてしまいます。
もちろん一からやり直したいんだ、という方は良いですよ。

文法書を一から読む

よし、やり直すぞ!と思って文法書を買って、SV、SVOからやるパターンです。
しかも自分に合うものはないかな、と複数買って読もうとするパターン。

やる気は買います。

はい。でも、もちろん途中でつまらなくなって挫折するでしょう。
文法書自体が難しかったら理解もできません。
巷には色々な文法書が出ているので、確かに読みやすい、読みやすくない、
理解しやすい、理解しにくい、色々あります。
でも結局は一から全部やるのってどうですか?
既に理解しているところを、忙しい毎日を送る皆様が、再度復習としてやったりしますか?

文法書からアプローチするのは学生時代の英語学習方法同様に、
時間とコスト、高いモチベーションが必要となりますので、
お勧めしていません。。。

完璧を目指す

これもありがちですが、全ての英文法を理解しようとすることです。
最終的に完璧を目指すには良いと思いますが、今回の目的は何でしょうか。
最初のシャドーウィングをするための英文を理解する、というのが目的です。
正直、そこまで完璧でなくても少なくとも大丈夫です。

一般的な英語文はそこまで難しい英文法力を必要としていません。
もちろんシーンによっては必要になってきますが、今はまだ大丈夫です。
文法も細かく突き詰めると、結構な学習ボリュームが必要になりますが、
今は必要ありません。

ご提案

では、どうするか、ですが。
まずは現状をチェックする必要ありますよね?
どこまで自分が理解しているのか、再確認する必要があります。

まずは簡単な問題集をやってみましょう!

私は文法の解説+問題集+ボリュームはほどほど、という
以下をお勧めしますが、問題集は取り組みやすいもので大丈夫です。
TOEICのリーディング対策のものでも良いと思います。

問題集をやることで、極端にできない文法分野があったり、
ここは絶対に大丈夫、という分野があったりします。
まずは自分が何ができて、何ができないのか、チェックしましょう。

問題集の回答にはどの分野の問題だったのか、解説がされていると思いますので、
どの分野が苦手なのか確認できますよ。
できれば、より具体的にブレイクダウンしておくと良いと思います。

問題をやってわからなかったところを教科書的な文法書をみて理解する

自分の課題がわかったときに、初めて文法書を開きます。
文法書は分野ごとに色々と解説がされていますので、じっくりと
腹落ちするまで熟読することをお勧めいたします。

もしわからないことがあったときは、英語に詳しい周りの人や
オンライ英会話等を活用して、熟練者に聞いてみると良いと思います。

何度かやってみる

このサイクルを2、3回やってみてください。
かなり文法がわかってくると思います。

ここでは文法の完成を目指している訳ではないので、細かいところは置いておいて、
基礎ができた、単語・熟語を調べればシャドーウィングの教材文章レベルであれば、
理解できる、というレベルまで到達できれば十分です。

お勧めの教材

何冊もの文法書、問題集をやってみて、その中からお勧めは以下です。


問題集と解説書

・TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問 (日本語) 単行本(ソフトカバー)

問題が多いのでチェックがしやすいです。

・TOEIC(R)TEST文法完全攻略 (アスカカルチャー) (日本語) 単行本(ソフトカバー)

解説も分かり易く、問題もそこまで多くないので、取り組み安いです

文法書

・ロイヤル英文法―徹底例解 (日本語) 単行本

膨大な情報量がある教科書です。1冊持っていても損はないと思います。

問題集

・公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 6 (日本語) 大型本

TOEICのRの問題集が意外とチェックとしても使えます。
色々なタイプの質問があるので、答えられない質問をまとめると、苦手な箇所が出てきます。

○まとめ
英語は楽しく勉強したい、という方は海外ドラマや趣味の分野から
英語に触れていくことで少しずつ理解しながら進めることもできると思います。

でも、効率的に学習していきたい、英会話をいち早く身につけたい、
という方は一度文法に戻り基礎を固めることで最終的に早くゴールに辿り着けます。

でも、そのアプローチを間違えると、あっという間に挫折しますので、
今回ご紹介した方法を試してみてください。
テスト、というスタンスでやると意外と集中力を持ちながらチェックできます。

継続は力なり、千里の道も一歩から。がんばりましょう!